道具が必要

スポーツを楽しむなら、それなりの道具が必要となります。また、フットサルに必要な道具は、施設でレンタルすることができます。レンタルすれば、手ぶらでフットサルを楽しめるでしょう。まずは、どのような道具がレンタルできるかチェックです。

施設でレンタルできる道具

スパイク

基本的にフットサルをする場合、専用のスパイクが必要となってきます。フットサルコートを貸し出している施設では、スパイクも貸し出しているのです。自分の足に合ったスパイクをレンタルしましょう。

レガーツ

いわゆるすね当てと呼ばれているのがレガーツです。基本的にレガーツがなければプレーすることができないので、レンタルしましょう。すねの弱い部分をしっかりと守ってくれる道具です。

ボール

フットサルのボールも施設でレンタルすることが可能です。ボールがなければフットサルを楽しむことはできないので、必ず借りるようにしましょう。サッカーボールよりも少し小さいのが特徴です。

グローブ

キーパーの手を守る為には、厚手のグローブが必要となります。グローブを忘れたり、用意していない時は施設でレンタルするようにしましょう。強いシュートがきても、グローブがあれば安心です。

ビブス

一般的にユニフォームの色が分かれていないと、相手と見方を見分けることができません。ビブスを着用すれば、簡単に見分けられます。ユニフォームの代わりとしてビブスをレンタルしましょう。

コートの種類

基本的にフットサルのコートは二種類に分かれます。人工芝とフローリングです。フットサルに興味を持っている人がいれば、人工芝とフローリングの違いから調べておきましょう。

フットサルコートを比較

人工芝のコート

基本的に人工芝のコートは、フローリングコートと違って室外の施設に採用されていることが多いのです。フローリングに比べると、少し滑りやすくなるでしょう。専用のスパイクが必要となります。

フローリングのコート

体育館などのコートが、フローリングコートです。人工芝よりもグリップに優れています。ただ、汗などで滑りやすくなることもあるので注意です。室内なので、天候に左右されることも少ないでしょう。

フットサルコートを利用するならネットで予約

旗を持つ人

予約が取りやすい

基本的に蒲田でフットサルコートを探している人は、予約の取りやすさを確認しておきましょう。予約が取りにくいコートだと、いざという時にフットサルを楽しむことができなくなってしまう恐れがあるからです。また、キャンセル待ちなどが利用できれば尚更良いでしょう。利用できる確率が高まります。

コートの種類をチェック

フットサルコートにはいくつかの種類があり、人工芝かフローリングコートを利用することが多いでしょう。できれば、どちらも利用できるように準備しておくのがおすすめです。理由としては、もし雨が降った場合、室外の施設だけではプレーできなくなります。室内が利用できる施設も別に見つけておけば、雨が降っても安心でしょう。

イベントに参加できる

フットサルコートを探す場合、大会を企画しているサイトを利用すると良いでしょう。大会に参加することで、よりフットサルが楽しめるようになります。普段よりも試合が盛り上がるのです。様々な大会を企画している専門サイトもあるので、フットサルコート探しの前にチェックしておくと良いでしょう。

広告募集中